フランス語

名詞の基礎

名詞とは?

名詞というのは、物事や人、場所などの名前のことで、例えば『家、靴、田中、北海道、フランス』などです。

性別

フランス語の名詞には、文法上の分類としての『性別』が存在しており、例えば、『voiture(車)』は女性名詞に分類され、『train(電車)』は男性名詞に分類されています。

ほとんどの名詞は、その意味から男性、女性のどちらかに分類するかを判断できませんが、『garçon(男の子)』は男性名詞、『fille(女の子)』は女性名詞といった風に、生物の性別に合わせて分類する場合もあります。

taureau

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

雄牛【男性名詞】

雄牛はオスなので、名詞の性別も男性となります。

pot

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

壺、瓶【男性名詞】

意味から推測しにくい名詞もあります。

単数と複数

フランス語の名詞は、単数(1つだけ)の時と、複数(いくつか)の時を区別し、対象が単数の時は単数形を使い、複数の時は複数形を使います。

複数形の作り方

複数形を作るには、名詞の単数形の最後に『s』を付けるのが基本です。フランス語では、最後の子音は発音しないのが基本なので、『s』を付けても発音は単数形の時と同じままなことが多いです。

orange

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

オレンジ(単数形)

oranges

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

オレンジ(複数形)

形が同じもの

単数形の最後が『s, z, x』のいずれかの場合は、形を変更することがないので、単数形も複数形も同じ形になります。

fils

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

息子

息子を意味する『fils』は、単語の最後の文字が『s』なので、単数形も複数形も同じ形です。

常に複数形

名詞の中には、単数形がなく、常に複数形を使うものがあります。

business

Your browser doesn’t support HTML5 audio

Your browser doesn’t support HTML5 audio

ビジネス

ビジネスを意味する『business』は、常に複数として使われます。